岐阜県高山市で、リノベーション・リフォームをお考えの方はご相談ください!

お電話でのご相談もお気軽に

0800-2000-774

受付時間 9:00-18:00 水曜日定休

  • モデルハウス来場予約
  • 無料建物調査

スタッフブログリラクス リ楽住のスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

プライベート会社ブログ 高山に来て3ヶ月が過ぎました!

2019年06月26日更新

こんにちは♪

飛騨高山で全面リフォーム、

リノベーションを手掛けております

リ楽住(リラクス)小林です♪

 

私は元々名古屋に住んでおり、この会社で働くとともに、

高山にやってきました!

高山に来てから3ヵ月が過ぎましたが、

朝晩の気温の変化にはまだまだ慣れません😰

高山に住んでいると、地元の方々から出る方言や、

町の地名が面白いなと日々感じます。

気になって飛騨弁を調べてみたらたくさん出てきました!

 

私が最初に言われた飛騨弁は「やわる」という言葉です。

「これやわっといて~」と言われて思わず「ん?」とびっくりでした。
最初聞いたときは、やわる?何かを柔らかくするの?と思わず思ってしまいました😅
「やわる」=用意・準備 とは想像がつきませんでした。

それと「はんちくてい」=悔しい・イライラする ということも教えてもらったのですが、

最初聞いたときは、この地域限定の食べ物の名前?と思ってしまいました。
この地域の言葉は特殊で難しい…
まだまだたくさん言葉があるので、徐々に覚えていきたいです。

地名も最初見たときは、読めないものがいくつかありました。

言葉だけ聞いて分からなかったのが「丹生川」という地名です。
これで、「ニューカワ」と読むのですが、最初聞いたときは、

どこかの国の地名…?と思いました。

漢字を入力しても変換できないので不思議な地名だなと感じます。
この地名になった由来とかを調べてみるとおもしろそうです。

それと、もう一つ読み方が分からなかったのが、「冬頭町」です。
「フユトウチョウ」?と読んでしまったのですが、正しくは「フイトウチョウ」です。
言われてみれば読めるけれど、最初は全然分からなかったです。

まだまだ不思議だなと思う方言や地名がたくさんあります。
私ももう少し慣れて早く使えるようになりたいです。

新築以上の感動を・・・

リ楽住



↓無料建物調査をご希望の方はコチラ↓