高山・飛騨・下呂市のリノベーション&リフォーム専門店「リラクス(リ楽住)」

お電話でのご相談もお気軽に

0800-2000-774

受付時間 9:00-18:00 水曜日定休

  • モデルハウス来場予約
  • 無料建物調査

スタッフブログリラクス リ楽住のスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

コラムリノベーション~現場ブログ~ 実は今でも恐怖を感じるもの【高山リノベーションブログ】

2020年10月29日更新

こんにちは!
岐阜県高山市で全面リフォーム&リノベーションを手掛けております、
リ楽住(リラクス)の岩花(U)です。
 


リフォームで見かけることもある外部足場、ご存じでしょうか?
当然、新築工事などでも現場に設置される物です。

なぜ設置されるかは説明がなくともわかる通り、安全に高所作業を行う為です。

梯子や脚立だと簡単で短時間の作業が精一杯です。
そのための外部足場ですが、安全には特に気をつけており、簡単には崩れることはありません。

ですが、足場に上ったり、風に煽られて揺れることもしばしば。
正直、足場に上ることにまだ慣れていない時はとても恐怖を感じていました。

今でも強い風が吹いて不意に揺れが起きると足が一瞬竦むこともあります。こればかりはさすがに慣れません。
長年、大工作業などで足場に上っている人達は何事もないかのようにしてはいますが、不意に吹かれる風にももう慣れてしまっているのでしょうか?

気にはなりますが、お忙しいこともあり中々聞く機会もありません。
中にはちょっと恐怖を煽られるが顔には出さないようにしている、といった方もいるのかもしれません。

そんな足場ですが、メッシュシートやイメージシートというのを設置します。
メッシュシートというのは、ゴミなどが飛散した際や風で飛ばされてしまった時、隣家に飛んでいかないようにといった理由でつけられています。イメージシートは会社をアピールするための所謂看板です。

当然、それらは小さなが穴が開いているので風はしっかり通すのですが、風を受けるとシートをつけていない時よりも足場が揺れてしまいます。風を受ける面積が増える分、受ける影響が大きくなるんですね。

これが一番怖いんです(笑)

慣れてしまったら慣れたで怖いかもしれません。逆に、恐怖を少しでも感じている方が安全な作業ができるのではないかなと最近思うようになりました。

恐怖があれば少なからず動きや行動などに意識がいくので、安全な作業に繋がるように無意識なうちに動くのではと思います。
怖すぎて仕事ができない、レベルではないのが幸いですが、台風などが近づいたりしてきたときなんかは何が起こるのかが分かりません。

近隣住民の方や、作業をしてくれている業者さん、大工さんのことも思うと台風などの自然現象がとても怖く思えてきますね。

耐震2倍・断熱2倍・収納2倍
安心のフルリフォーム&リノベーションはリ楽住(リラクス)にお任せ!
増築&減築から二世帯住宅リフォームまで何でも承ります。
建て替えとの費用比較や実際の施工事例ビフォーアフターもぜひご覧ください。


↓最新のリフォーム見学会、イベントはこちら!↓