高山・飛騨・下呂市のリノベーション&リフォーム専門店「リラクス(リ楽住)」

お電話でのご相談もお気軽に

0800-2000-774

受付時間 9:00-18:00 水曜日定休

  • モデルハウス来場予約
  • 無料建物調査

スタッフブログリラクス リ楽住のスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

会社ブログ 臭気の原因は…

2020年08月20日更新

こんにちは!
岐阜県高山市で全面リフォーム&リノベーションを手掛けております、
リ楽住(リラクス)の岩花Rです。今日は最近中古物件で発生したトラブルから…

その小工事は、ご主人がネットで購入した

洋便器をご自身で交換したことから始まりました。

既存の便器を取外しの際には、バールを使った

力業で行ったそうで、大きな音がしたそうです。

その後、新しいものを設置したのですが、下水

排管の臭気が上がってきて、家中に広がること

となりました。

既存の便器の時には現れなかった現象と云う

ことでした。

たまたま奥様が撮影していた、施工時の映像を

見ますと、明らかに汚水排管との接合方法に

問題があることが判明しましたので、弊社にて

改めて便器の設置を行った次第です。

施工後から3日目のことです。

お客様から臭気上がりが直っていないと連絡が入りました。

施工に問題は無いし、事前にファイバースコープや

床下にも潜って排管に損傷がないことも確認済みでしたので、

全く原因がわかりませんでした。

ただ、打開策として配管内の臭気を逃がす為に

通気管設置の必要性だけは、業者さんと検討していました。

※ 通気管は汚水の流れを良くする働きもあります。
  (写真は実際に取付けられていたものとは違います。)

そうした策を準備した上で、現場にお邪魔しました。

そうしたら、本来2階にトイレがある場合に設置すべき

通気管が、既に設置されており機能していたのです。

但し、この日は風があって通気管から外に出た臭気が

窓から入り込んでいることが判明しました。

臭うからと「開けていた窓から臭気が入り込んでいた」

と言う事実の確認が取れて、解決致しました。

何が災いするか判りません、慎重な調査は欠かせないと

改めて思い知らされた案件でした。

 


耐震2倍・断熱2倍・収納2倍
安心のフルリフォーム&リノベーションはリ楽住(リラクス)にお任せ!
増築&減築から二世帯住宅リフォームまで何でも承ります。
建て替えとの費用比較や実際の施工事例ビフォーアフターもぜひご覧ください。


↓最新のリフォーム見学会、イベントはこちら!↓